HOME > 活動報告

「子どもの医療費の見直し」に関する要望書を市長に提出

公明党長野市議員団は、子どもの医療費の見直しに関する要望者を加藤市長に1月4日提出しました。

加藤市長からは、医療費の現物給付に向けた県との検討の場をすみやか立ち上げ、見直しを行いたいとのお話がありました。

12月議会始まる。

12月定例市議会が開会されました。
7日には近藤満里議員が代表質問で、若者議会、生活困窮者自立支援、新しい総合事業などで登壇します。
7日には田中清隆議員
8日は、勝山秀夫議員、松井英雄議員
9日は、小林秀子議員が質問に立ちます。

6月定例議会始まる

6月議会が6月9日に開会されました。15日から一般質問が行われます。

質問者・日程・質問項目は次のとおりです。

6月15日(水)

松井英雄 (午後2時頃から)

1.地震に対する備えについて

2.信州パーキング・パーミット制度について

3.民生児童委員について

4.ながのプレミアム商品券の効果について

5.その他

6月16日(木)

田中清隆 (午前10時45分頃から)

1.長野市健康増進計画について

2.プログラミング教育について

3.障がい者支援について

4.災害対策について

5.その他n

勝山秀夫 (午後3時20分頃から)

1.教育現場での政治活動について

2.人工内耳装用者への支援について

3.その他

小さな拠点づくり・・・大岡地区

4月11日、議員団で大岡地区へ視察に伺いました。

本市では、今年度から小さな拠点づくり事業を大岡地区をモデルとして開始します。

地域に住み続けることができる取り組みです。

アンケートにより生活の状況やニーズ、ご意見をお聞きしながらプランを立案し、事業を進めてまいります。

明日から3月定例議会、代表・一般質問始まる。

2月25日に開会した3月定例議会は、明日から質問が始まります。

2日は、小林秀子議員が代表質問で、第5次長野市総合計画について・

一人ひとりが輝く社会の実現に向けて・学校教育の充実について・

産業振興についてなど、市長及び理事者に答弁を求めます。

長野市 新第一庁舎 開庁式

1月4日8時15分

新第一庁舎開庁式が行われました。

式典では、テープカットに続いて地元緑町区の皆さんによる神楽ばやしなど披露され開庁を祝いました。

市議団で、庁内各課を挨拶に伺いました。

加藤市長に予算要望

11月9日

加藤市長に対し、市の2016年度予算に関する要望を行いました。

内容は複数のがん検診を一度に受けられるセット検診の実施・NHK大河ドラマ「真田丸」に合わせた観光誘客・市の東京事務所を活用した移住促進など501項目です。

米・クリアウオーター市の訪日団

長野市が姉妹都市提携を結ぶ米国クリアウオーター市(フロリダ州)の親善訪問団20人が10月24日、長野市に到着し、JR長野駅で歓迎式典があり参列いたしました。松代甲冑隊や中学生の吹奏楽演奏、高校生によるチアリーデイングで盛り上げ、昭和34年から続く両市の交流を喜び合いました。

26日夜、市内で記念レセプションが開催され、長野市議会議員参加。

昭和31年に当時の倉島至長野市長が米政府の文化交流計画でクオリター市に滞在したのを契機に姉妹都市を提携。互いに親善訪問団や留学生を派遣しています。

まいさぽ長野市

4月に開設した、市生活就労支援センター(愛称「まいさぽ長野市」)を9日に視察しました。

土屋ゆかり所長から利用状況や課題を聞いた。同センターは、公明党の推進で国が4月に始めた生活困窮者自立支援制度に基づく施設。
センターは市の委託を受けた市社会福祉協議会が運営。生活困窮者に対し、専門の相談員が仕事探し、家計管理、債務整理などさまざまな支援を行っている。所長は相談から見えてくる課題として(1)年金生活者、うつ病など心の問題を抱える人の困窮相談が増えている(2)就労先を見つけるのが難しい(3)長期ひきこもり者が多い――などを挙げた。
さらに同所長は、センターが困窮者のさまざまな課題の解決から、面接の練習、職場への定着支援まで“寄り添い型”の相談・支援を実施していることを説明。「適正な人員配置が一番の望み」と述べ、職員の増員を求めた。

ながのプレミアム商品券

国の交付金を活用した商品券の導入を市議会で一貫して要望してまいりました。

7月から長野市において実施されます。

目的 購買意欲の喚起による本市経済の活性化。発行総額24億円(うちプレミアム分 4億円)
先行販売 7/16(木)・17(金)

順番待ちで並ぶことが困難な、子育て世代、高齢者、障がい者等が対象

一般販売 7/18(土)~20(月・祝)(売り切れ次第終了)
有効期間 7/18(土)~H28年1/11(月・祝)(6か月以内)
販売窓口 〇先行(2箇所):ビックハット、南長野運動公園総合球技場

〇一般(調整中):ビックハット(18日のみ)、商議所・商工会・信州新町商工会の本所支所、大型店(東急、ヨーカドー、イオンタウン、MIDORI、TOMATO等)

購入限度 ・額面12,000円券…1人1回につき10冊まで

・額面 6,000円券…1人1回につき2冊まで

取扱店舗 登録制(6/10(水)から募集開始)

ページの先頭へ